fc2ブログ

ぱたんなーの型紙便り**

ソーイングした洋服のhow to makeを紹介しています。

接着芯について

接着芯について、ちょこっと覚書(*^_^*)間違っていたらすみませんまずは帽子や小物作りによく使っている【不織布】片面接着芯のものです。こちらは生地のように織ってあるもの。洋服を作る際に使います。一部では帽子作るときもこちらのほうがむれなくていいという方もいます。不織布に比べてすごいやわらかいので、張りを出したいのであれば少し厚手のものを使ったほうがいいかもしれません。不織布の拡大写真。くもの巣のようだ...
接着芯について

接着芯の役割
型崩れ、着崩れ防止:型紙どおり仕上がるように変形を防ぐ:厚みを持たせシルエットを保つなどです

接着芯樹脂の形状
ドット(点配列)、ランダム(粉末)、フイルム(シート状)、くもの巣(繊維状)
ドットはジャケット・コートなどに使われる永久接着芯、ランダムは、ブラウス芯などのの仮接着芯によく使われます
永久接着芯:接着力が強く、身頃全面など広い範囲に貼るとき使用します。(コート、ジャケット)
仮接着芯 : 洗濯などで剥がれてしまいますが、アイロンで再接着できます。ブラウスなどの見返 
        しなど、狭い範囲に使用します。

接着芯の貼り方
接着芯の接着面(ざらざらしている面)が表地の裏に付くように重ねる
接着芯と表地の間に糸くずが入らないように注意する。
アイロンは上から当て布して、押さえるようにします。
かけ残しがないか、チェックして、冷まします

接着芯の基布の種類
接着芯の基布には、不織布、織物、ニットがあります
それぞれの長所、短所を簡単に説明します

不織布
不織布・芯地
軽くて、ほつれにくく、扱いやすい芯地です風合いに少し張りがでやすいので、それにマッチしたデザインを選ぶと良いと思います。洗濯を重ねるとゴミが芯地に付着して、変色しやすいので白い生地は注意してください

織物
織物・芯地
一般的によく使われ、種類も多く販売されています。平織りの布(ガーゼ、ボイルなど)に接着するとモワレ模様が生地にでますので、芯地をバイヤスに裁って使用しましょう

ニット
ニット・芯地
ニット芯は、布帛にもニットにも使用できる優れものです。襟などの返り線のカーブは、角ができることもなく、仕上がりもgoodです裁断したとき、断ち端が丸まってしまうのと少し、高価なのが短所かな

接着芯の選び方
樹脂の染み出し、芯地あたり(芯地が表生地にひびく)、剥離がないか、残布に接着してチェックしましょうその際、風合いも確認し、デザインにあった芯地を選びます。

最後に
芯地は、見えないところでデザインを左右する服飾資材のひとつです





スポンサーサイト



Last Modified :

Comments







非公開コメント