FC2ブログ
2020/07/04

ワンピース出来上がり。


ここ数日、病院から連絡あることが多くなりました。
病院から帰宅してミシンかけることで気が紛れておりました。
そして父が守ってくれたのかフィニッシュはスムーズに仕上がりました。

DSCN4780 (2)

DSCN4784 (2)
共地のひもでウエストマークできます。

DSCN4785.jpg
ヨーク下スモッキング刺繍、
ベルト切り替え上部にも一段スモッキング刺繍ありです。

DSCN4789 (2)
七分袖スリットあり。
スカート両脇シームポケットありです。

共地紐ベルトでウエスト調整できます。

このワンピースが出来上がった後、
すぐに父は、天に旅たちました。
入院中は良い方向への兆しはあったのですが
意識は戻らずでした。
苦しむことなく
兄、私と私の主人に見守られ
まるでろうそくの炎がすーっと消えるようでした。
母は施設入所なので
病院に来ることはかないませんでしたが
電話で様子伝えました。
母も「苦しまずよかったね」と
悲しみ・安心半分づつのようでした。
コロナウイルスがなければと少し心残りです
縁が深ければ、いつか生まれ変わった時に
会えるかもしれません。

父が長年東京消防庁に勤務し、
救急隊長をしていました。
現役時代は人命救助のため
いつも身体鍛えていたので
怪我、病気、乗り越え、
寝たきりにならなかったのかもしれません。

救急外来で運ばれた時、
ドクターに「救急隊長だったんです。」
と伝えたら
「大先輩だ」とか「隊長」と看護師さんといっしょに
声かけして頂いたので
意識不明のなかでも
喜んでいたかもしれません。

92歳、車いす自走で
最後までしっかり身の回りのことができました。
よい人生だったと思います

皆さま、長文お読み頂き、まことに有難うございました。

ブログランキング

にほんブログ村 ハンドメイ<br /><br /><br /><div class=
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック